BLOG

京都府京都「瓢亭 京都南禅寺畔」

小学生か中学生のころに読んだ「美味しんぼ」。

この漫画の21巻に掲載されているミシュラン掲載店

「瓢亭」にいってきました!

と、いってもランチやディナーは敷居が高いので、朝がゆに…。

京都在住のお友達が京都を案内してくださるということで

「瓢亭に行こう」と言ってくれたので、思い出しました。

まさか!漫画を読んでいる当時は、瓢亭に行けるなんて思ってもおらず。

憧れの名店でございます。

朝がゆをいただいたのは別館。

ミーハーな私は、この門構えだけでドキドキ。大人になったなぁと感じました。

お友達が予約しといてくれたので、すんなり入れました。

この日は平日だったこともありあまりこんでおらず。

まず最初にでてきたのは、瓢箪型の綺麗な器。

中身はこんな感じでした。

タコと南京の炊き合わせと青梅、とろろ昆布と白身魚の煮びたし?かな

ジュンサイの酢の物は、ジュンサイがとっても大きくておいしかった。

そして名物(後から知った)瓢亭卵!

たかが卵、されど卵。こちら宝石のように美しくてびっくりしました。

目に見えて黄身の半熟具合のすばらしさは伝わると思うのですが、

白身の部分が、画像では伝わりにくいのですが、ギリギリの火加減でものすごーく綺麗でした。

そしてお待ちかねの朝がゆ。

瓢亭の朝がゆといえば(美味しんぼ知識)出汁のあんをかけていただきます。

この出汁のあんが、はちみつのような濃厚な甘みを感じるとても品のあるお味でした。

 

ほんの少し早起きして、大阪から京都に向かい、瓢亭からスタートした日帰り京都旅行。

目にも楽しく、もちろんお味もおいしく、また店員さんの説明が丁寧に説明してくださり

良い一日の始まりとなりました。

 

瓢亭 京都南禅寺畔

サーモンのポーピエット

リュネビル刺繍を体験してきました

関連記事

  1. イタリア料理留学②「学校選び」

    2020.03.09
  2. 北海道名寄市「AOZORA料理店(アオゾラ料理店)」

    2018.03.01
  3. イタリア料理留学①「プロローグ」

    2020.03.09
  4. イタリア料理留学③「準備」

    2020.03.10
  5. 熊本県熊本市「かつ美食堂」

    2017.08.25
  6. 長崎県長崎市「吉宗(よっそう)」

    2017.04.25
PAGE TOP