BLOG

イタリア料理留学⑤「行程と飛行機のこと」

※この記事は新型コロナが流行するちょうど1年前、2019年3月の体験を基に書いています。現在の状況とは大きく異なることもございますのでご了承くださいm(__)m

イタリア料理留学のブログを2年半前に書き出し…ちょうどそのころ新型コロナ感染症が拡大。連日病院で倒れこむ人たち、惜しくも失われた命が映像でたびたび流れ、朗らかに楽しかったイタリアの様子を書くのが憚られ…ずっと続きがかけずにいました。

1年ほど前に、とある読者さんから「面白いので続きを書いてほしい」という嬉しいメッセージをいただき、書こうと思ったのですが…なななんと!PCがブルーバックからのクラッシュ‼そして留学時の写真データ消去…。

しょんぼりとがっかりでしばらく手も付けれずにおりましたが、このたび、HP用にアップしようとコピーしてあった分のデータが見つかり(´;ω;`)全部ではないですが、思い出を取り戻すことが出来ました。過去の私ありがとう…。

また!今年の2月からオンラインでイタリア語のレッスンを受けておりまして、もう少し情勢が安定したらまたイタリアで勉強したいと考えています。それもあって、ブログを再開することにしました。少しずつですが、イタリア料理留学の雰囲気を味わっていただけたらと思います。

ちなみに、留学自体は1年ほど前から出来るようになっています。日本に帰国する際にPCR検査などが必要となるかもしれませんが、2022年7月現在、旅行も含めイタリアとの行き来は可能です。

さて!それでは再開再開~~~~♪

航空会社

今回の行程は、約45日。

・イタリアの料理学校ルッカ 2週間
・スペイン/バルセロナ 2泊3日 夫と待ち合わせ
・フランス/パリ 2泊3日 友達と合流
・フランス/レンヌ 6泊ぐらい 友達の先輩の家にホームステイ
・フランス/パリ 2週間

往路と復路で別の空港を使っても良かったんだけど、なんとなく私は「拠点」みたいなのを作って行程を考えていく方が楽で、最終滞在都市がパリだったのでパリのシャルルドゴール空港を日本との往復の拠点とし、それ以外の都市間移動を電車や他の航空会社で組み立てていくというスケジュールにしました。

なので、日本との往復にエールフランス航空を使いました。そこから料理学校のあるルッカからほど近いトスカーナのメイン空港の一つ、フィレンツェ・ペレトラ空港へのチケットも準備。本当はピサ空港の方が近いんだけど、エールフランスの就航がなかったんだよね。ドイツのルフトハンザ航空ならピサ便あります。

フィレンツェからルッカまでは電車。これは当日でいいとして…料理学校が終わった後、スペイン/バルセロナに行く予定だったので

「フィレンツェ→バルセロナ」のほどよい直行便がなく、「フィレンツエ→ローマ→バルセロナ」を予約。

予約してお金払ってから「最後の晩餐」みたいいいいいいい!と思い立ちミラノへ行きたい熱が。ただ最後の晩餐は予約制でなかなか予約が取れないと聞いていたので、予約が取れたら考えよう、と。そこで現地オプショナルツアー予約&観光旅行【VELTRA-ベルトラ】ここからダメもとで応募。そしたら一人だったのが良かったのかすぐに予約完了。(数日違いで別の方が行った時は人数が多くてダメだったらしい)これはもう、行くしかないと航空券の日程を変更してミラノ滞在を決定しました。

ででで場所的にはミラノからの方がバルセロナに近いんだけどこれもまたいい便がない&アリタリア(今は無き)航空のサイトをどれだけ見てもキャンセルとか変更が出来ず、電話。

すると日本語が堪能な中国人っぽい発音の方が出て「キャンセルは出来なくて当日のらなければいい」とのこと。何それ!( ゚Д゚)

支払い後は返金できないチケットだから、キャンセル料のことは何も関係なかったんだけど、一応乗らないってわかってるんだから連絡しておこうって思ったんだよね。でも別にいいらしい。そこがキャンセル出たからって再販する訳でもないらしい。

結局、ミラノ→ローマ→バルセロナ という便に変更してもらってイタリア周遊の手配は完了。

次はバルセロナからパリ行きの航空券を購入して完了!パリに入っちゃえばあとは帰国まで電車やバスでの移動だからどうとでもなるだろうと一安心。

こうやってどう動くか考えて手配するのがすごく好きで、安さをとるか時間をとるかみたいなのを考えながら試行錯誤を楽しみます。

ヨーロッパの空港あるある(2019年当時)なんだけど、いわゆる国際空港みたいなのを利用しないととんでもない安い料金で乗れたりしました。ロンドンのマイナー空港とフランクフルトのマイナー空港が片道5ユーロだかなんだかって友達が言ってた事も。でも安い分、便が少なかったり、そこから都市部に入るまで何時間もバスで移動、とか。それを考えると安いがいいとは一概に言えないことも。結局この時はメジャー空港だらけでLCCみたいなのを活用することでどうにかしましたが、時間があるならマイナー空港でその土地を楽しむのもいいかなって思います。ただし治安はよく調べて。

【行程まとめ】
●3月上旬
飛行機:日本→(エールフランス)→パリ→(アルタリア)→フィレンツエ
電車:フィレンツエ→ピサ(着いた日に一泊)→ルッカ(料理学校がある町)
__________________________________
●料理学校修了後
電車:ルッカ→フィレンツエ→ミラノ
飛行機:ミラノ→(アルタリアの共同運航便の会社)→ローマ→(アルタリア)→バルセロナ
__________________________________
●バルセロナ2泊後
飛行機:バルセロナ→(エールフランスの共同運航便の会社だったかなあ…)→パリ
___________________________________
●4月中旬
飛行機:パリ→(エールフランス)→日本

見たことないマークの航空会社に乗ったけど全然思い出せない&写真がない。

これ以外にも途中で他の都市にいってますのでそれについてはおいおい書いていきたいと思います。

帰国の便だけエコノミープレミアムにしてまして、航空券代の合計は記憶が曖昧ですが40万いったかないってないかなくらいだと思う。

電車代やバス代は全然覚えてないけど、都市間移動に結構使ったのでそれは別で5~6万円ぐらいかな。

で、この前軽い気持ちで行く予定はないけどなんとなく10月頃のチケット代はいくらかな~って検索したら、日本とパリ往復だけで40万くらいでした。滞在してたホテルもすごく高くなってて同じ日程ではいけないな~と。コロナ禍のつけというか世界的に経済が不安定で前と同じにはならないと思うけど、イタリアへの想いを馳せつつ、貯金していこうと思いました。

つづく

花たびそうや号3年目の挑戦!

関連記事

  1. 辻調理師専門学校 別科 通信教育講座

    2017.06.20
  2. ホームパーティーの準備

    2017.10.24
  3. お節料理2018

    2018.01.21
  4. 巨大ケーキを作る!

    2017.10.24
  5. 熊本県五木屋本舗「山うに豆腐」

    2017.10.24
  6. みんなでバレンタイン

    2018.02.21
PAGE TOP